Hana’風俗エステ blog

性感エステセラピスト 現役講師hanaが思う、風俗で頑張る女性がキラキラ働く方法や、女性として生き方を更新していきます

こんにちわ(*^^*)

hanaです。

 

最近の近況を。

 

近頃は在籍店舗の講師を中心に

中のお仕事をしています。

 

 

外部のお仕事に関して

積極的にアピールしていない

状況です。

 

 

というのも

 

2hの講習だけで

生徒さんの稼ぎが変化するのか

受講料は高すぎないのか

自分の中で少し迷いが生じました。

 

 

外部へレッスンに行く女性は

ある程度

お仕事へのやる気がある女性です。

そのような

学ぶ姿勢がある女性へのレッスンと

 

 

個人差のある

在籍店舗の女性。

 

 

私の中で

今在籍している女性への

教育が疎かで

外部へ働きかけては

いけないと感じました。

 

 

現在、

他の店舗さんの

レッスン内容はとてもレベルが高く、

正直、今稼ぐために大事なのは

精神面だと考えます。

 

 

精神面を伝える為には

ある程度の期間

寄り添わないと

人は変われないのです。

 

 

 

稼ぐ基礎を作る

風俗業を通して

人生の糧になる経験をして欲しい

 

 

そんな役割が大事なのかなと

感じていきました。

 

 

今年は

風俗で働く女性のこと

風俗で働く男性スタッフのこと

風俗業をたくさん考えてきました。

 

 

もっと考える必要があります。

 

 

ゆくゆくは

何か

風俗女性が輝く何かを作りたいな。

 

 

憧れる女性起業家さんへ

近づけるように。

 

 

 

hana

f:id:hana_este:20170829160231j:plain

風俗の女性は女優よりも真の女優に...

こんにちわ!

 

 

常々口にしていることば…

風俗は簡単なお仕事ではないですよね。

 

 

身体を使うからではありません。

これの本当の意味...

 

 

  

 

 風俗業界の女性。

1人の女性が初めましての男性をファンにする機会って

泣いても笑っても・・・

 

平均約80分。

 

その短いお時間の中で

自分の良い部分を見せないといけません。

 

 

綺麗だけでなく

可愛いだけでなく

優しいだけでなく

明るいだけでなく

エロいだけでなく

たくさんの要素を80分につぎ込む

 

 

1プレイで入れ込むって

結構大変。

 

 

まさしくオーディションと一緒ですね。

 

 

その力は

お仕事だけでなく

プライベートでも生かされます。

 

是非

プレイ時間を

自分の魅力を伝えるお時間と

捉えてみて下さいね

 

 

f:id:hana_este:20170825145546j:plain

 

種をまく時期もある

こんにちわ(^^)

 

 

最近はお店の中に入って

内部の仕事を担当しています。

 

内部の苦労も

女性同様たくさん。

 

現役時代とは違った

努力をしないとと思います

 

 

 

働いていて思うこと。

 

我慢が出来ない女性も多い。

 

早々次のお店を探してしまうこと。

 

新人の時期は稼げると勘違いしてしまう。

 

 

でもね…

忍耐できない女の子に

お客様が集まることはありません。

 

 

その日のお金を考えたり、

本指名さんのことを考えていたら

目の前のお客様と向き合えない。

 

 

だから、、

苦しい時期が続くのでしょう。

 

 

お仕事へいくことが出来ていたとしても

フリーがほとんどだとしたら

何か不足していないか思い改めたほうが良い。

 

ネット指名が多いときは

一見さんも多いので

プロフィールやグラビアに負けないような

接客を考えないといけない

 

 

本指名さんで枠が埋まる時期でも

新規のお客様に出会える機会も減ることを

頭に入れて置かないといけない

太いお客様が他の女性にチャンスが回るということ。

 

 

それぞれの時期に我慢は必要だし

影の努力がステージを広げていく。

 

それが

1ヶ月なのか1年なのかは

わからないけれど、

やってみなきゃ始まらない!

 

 

初めて続けることが大切です。

 

f:id:hana_este:20170820171859j:plain

 

やる気がありませんって周りに伝える?

こんにちわ*

 

「やる気がないから行動できない」

 

「いやいや行動するから

やる気が生まれるの」

 

 

とある先輩女性が言っていた言葉です。

 

 

なるほど、そのとおりですね。

 

 

生活を豊かにするために

自分の見の周りの生活を良くするために

お仕事をしているのに。

 

つまり、自分のためなのに。

 

 

 

先日

自分のお店で働いている女性が

お茶で(その日お仕事につけず)

帰っていきました。

 

ルックスもスタイルも良いのに、

本指名の数は少ない。

 

お客様は新規のフリーはなく

指名ばかりの日だったのです

 

 

するとこう言いました。

「まぁ。努力してないから仕方ないですよね」

 

 

彼女はなんのために言ったのでしょう。

自分の保身なのでしょうか

 

何のために

このお仕事をしているんでしょうか

 

風俗業界を舐めているんだなぁと

思いました。

 

きっとかっこつけようとした

せいいっぱいの言葉だったと思いますが

すごく、すごく、

 

ださく感じました。

 

すごく恥ずかしいことだなって。

 

自分で努力していないと他の人に伝えて

「だからしょうがないですよね」

って言う同意を求めるのは必要だったの?

他力本願ですね。

 

 

その後スタッフさんの

じっくり話をされるのか

 

見放されてしまうのか

 

私にはわかりませんが

 

 

努力していない

やる気がない

 

 

って言葉を出しても

解決にならないこと

 

いつも頭においてほしいです。

f:id:hana_este:20170811182553j:plain

 

 

 

お客様との距離の縮め方…(会話編)

 

私は初見のお客様を接客する時

『聞く内容を気を付ける』ことを心に置いています。

 

 

新人の時は、

お客様への興味の伝え方として

「どこから来たんですか?」

「どんなお仕事しているんですか?」

「えーお休みはいつなんですか?」

とにもかくにも聞く・聞く・聞く。

当時若かったからかもしれませんが

その方が喜ばれると思っていました。

 

自分の話はというと

風俗だったこともあり、

お客様への聞かれた質問も

「それは内緒~」

と、ごまかしたり。

 

 

 

しかし、

ある時店長から言われた事をきっかけに

会話を変化させました。

 

 

『夢に見に来店されているんだから

 根掘り葉掘り聞かないほうがいい』

 

 

たとえば、

ディズニー〇ンドにいって

キャストさんが、

「今日はお休みですかー?」

「趣味はなんですかー?」

「お仕事大変ですかー?」

とか聞いてきたら…

 

 

正直、

今は現実を忘れて

遊びたいのに!!!!

と思うはずです。

 

 

 

もちろん!

ドンドン話してくる人には

ドンドン聞きます。

 

 

次は

そこからの距離の詰め方もお話しします(^^♪

 

 

 

 

f:id:hana_este:20170806185745j:plain

お仕事成功の法則1

こんにちわ!hanaです。

 

 

豊かさを求めている女性たちは

多いと思います。

 

 

 

風俗をする女性も

「本指名たくさん来てほしいなぁ」

「いいお客様に恵まれたいなぁ」

「スタッフさん推してくれないかぁ」

「お金がたくさんほしいなぁ」

「いい男性と知り合いたいなぁ」

と願望を持つことも多いと思います。

 

 

でも...

求めているだけではいけないです。

座って待っていてはならない。

のんびりしてはいけません。

1日、1カ月、1年はあっという間に過ぎてしまう。

 

もらう前にするもの。

 

 

それは

自分から与える量や質を増やし、良くすること

 

仕事だったら

自分(源氏名)として与えられるものは何なのか

 

それを受け取った人がどう感じられるか

 

考えてみることです。

 

 

GIVE&TAKEという言葉はありますが、

1回のGIVEで多くのTAKEが返ってくるなんて

宝くじ並みの確立。

 

 

今の接客で

目の前のお客様に対して

何かを与えられていますか?

 

 

お給料という確定されたお客様からのGIVEを

丁寧に受け取って

より良いTAKEを与えられているか...

 

 

普通の与え方では

本指名としてまたお客様から更なるGIVEは求められません。

若い子、年上の女性、年齢は関係ない。

 

 

無理する必要もへりくだる必要はありませんが

「自分として何を与えられるか」

 

少し考えてみて下さいね。

 

f:id:hana_este:20170511131634j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

真似をすることを躊躇わない

こんにちわ!

hanaです(^_-)-☆

 

 

お仕事のマインドをお話ししようと思います。

 

 

『自分を確立する』

 

お仕事をする上で

大切になってきますが、

 

確立しようとしても

頑固になってはいけないと思います

私はこう!ってなりがちで

「私は周りと違う」ことで確立しているようなものだから

 

 

 

自分よりも優れた同性に合うと

ライバル意識で怒りの気持ちが生まれたり

自分を余計にさげすむこともある

 

 

キラキラしている人って

眩しくてあこがれる一方で

嫉妬心が邪魔をして

受け入れられないこともありますよね

 

 

 

私にもそんな時期もありましたが

悪い結果ばかりで余計に蔑んでしまうことに。。。

徐々に思考を変化させていきました。

 

 

意識的に、怖がらずに

憧れている人に

「接して」

「しっかりと受け入れて」

「憧れる部分を真似てなりきる」ことを

しています。

 

 

身なりを同じにして真似るわけではありません

 

(すぐに出来るし、見た目から変えることもよいとは思いますが)

 

 

 

ここで言うのは

気持ちの問題

 

”この人のこの姿勢って凄い”

”私は出来ているかな”

”出来てない”

”いいなぁ…”

”あの人ならこの時こうするはず”

 

 

憧れの人に

近づく最短ルートだと思うんです。

 

 

自分の中で

理想としている人が目の前にいるのに

反発してしまうから

その人にはなれないし

追い越せないんですよね。

 

 

10代だけが白いキャンパスじゃない

大人の私たちも

他人を柔軟に受け入れて

真似していくことは

大切だと思う

 

 

大人になると

自分を持ちなさいと言われ続けるし

他人を真似するって難しい

 

 

 

真似ることを恥じない

真似ることは自分よりレベルの高い人と接点を持たないと出来ない

真似ることは相手の良い部分を見つけること

相手を敬って受け入れているということ

そして自分の中に取り入れること

目標にすることをためらわない

 

 

 

 

きっとその憧れるキラキラしている人達も

昔は努力して、

他の人の良い部分を

柔軟に自分の中に取り込んだ結果、

今の素敵な状態になっているのだから

 

 

大きな選択をすることではなくて

日常の小さな選択を

理想の人と同じ基準で選んでみる

 

 

 

ひがんでモヤモヤしたり

陰で悪いことをしようとするよりも

ずっと健康的。

 

 

結果

大きな変化になっていくんだと思います。

 

 

是非

まずなりきってみる

をおためしください

 

f:id:hana_este:20170803113148j:plain