Hana’風俗エステ blog

性感エステセラピスト 現役講師hanaが思う、風俗で頑張る女性がキラキラ働く方法や、女性として生き方を更新していきます

メール?ライン?風俗も営業するの?

こんにちわ!

hanaです!



今回は風俗業界とお客様への営業について。



ここでの営業は

お客様が次に来店して頂くように

働きかける行為です。



私的に...

セラピストさんはお客様にとって

手の届かない存在

お店に行かないと会えない存在

であってほしいと思います。

だからこそ個人ラインの交換は手が届いてしまうのでオススメできません。




お客様にお願いして指名を頂くというのは

過剰な要求を招いてしまうことや

お客様との立ち位置が怪しくなら場合があります。



自分自身を守るためにも

しない方が良い

いや...しないで来て頂けるお客様に教育していって欲しいなと思います。



例えばその日お茶だったり1本しかつかなかったら...

その日の営業かけたお客様が来てくれないから悪いのでなく

過去の自分の接客が完全に良くなかった...



だからこそ

お客様のペースを乱して無理に来店させる事は良くないと思うんです。



お客様のペースで

会いたい時に。


f:id:hana_este:20170606012042j:plain




しかし、

お客様も男性ですし

セラピストさんからの『会いたい』が聞きたいですし、必要とされたい。


来店する理由が欲しいのです。



主なやり方は

『次回の約束をする』

がありますね。


「今度はこの話の続きを聞きたいです」

「次はこのプレイをしましょうね♡」


この言葉がなかなか言えない。

何を約束したらいいのかわからない。

そんな時は...



f:id:hana_este:20170606012402j:plain



そこはシンプルに


『別れ際、自分の気持ちを一言伝える』をしましょう





「あっという間だったぁ...寂しくなるね。」

「はぁー楽しかった」

「〇〇さんと一緒にいたらなんだかhanaも元気になれた」

靴を履いて頂いたら後ろからハグして

「またね。」



独り言のようにポツリとつぶやく。

これから別れる男性の後ろ髪をちょこっとひっぱる。


男性は端的な言葉に弱く、

女性の一言に対して妄想して悶々してしまいます。

寂しいと言ってたのはなぜか

元気になったと言ってくれたのはなぜか

あの一言が気になるから遊びに来る。

そんな理由でも大丈夫。




話はそれちゃいますが、

男性にラインで怒りをぶつけたい時

長文でミサイルのようにぶつけるより

「わかった。」

の一言の方が遥かに降参した電話がくる確率があがるらしいです。

真意が分からないからたくさん想像して

「いやぁぁぁぁ!」ってなるようです。



それと同じなのかな。



毎日個人ラインに営業かけるより

効率が良いですね。

そのぶん写メ日記あげられます。



最終ゴールは

技術を磨いて

感動する施術で呼ぶ...




お客様もセラピストさんも

負担なく楽しい遊びが出来る。

それが長続きする秘訣かもしれません。

是非是非試してみてくださいね。




hana