Hana’風俗エステ blog

性感エステセラピスト 現役講師hanaが思う、風俗で頑張る女性がキラキラ働く方法や、女性として生き方を更新していきます

エンターティメント性②

こんにちわ

hanaです♩



この前の続き。



『仲良くなろう』

そう思いながら接客すると

様々な変化が生まれました。

その変化をいくつか...



①お客様に興味を持つようになる

お客様への嫌悪感が薄れ、1秒1秒観察

”この人は風俗慣れしてないのかな”

”この話題は楽しめるのか”

''はじめは少し丁寧に”

”あ、笑った”


など、本当に些細なお客様の言動がキャッチ出来るようになりました。


でも、ただただじーーーっと観察してても

お客様は違和感ありありです。

なので



②笑顔

基本の事ですが意外と難しい。

目が笑ってなかったり。引きつったり。

ここの部分は、、、接客を忘れる事が大事です。



①丁寧語

敬語からどんどん落としていきます。

初めから、「ですます言葉」は控えます。

距離を感じてしまうから。


1番気にしていたの

*丁寧語にすること

*語尾を工夫する

ことでした。



③会話

興味を持ってることを表そうと

根掘り葉掘り聞きたい気持ちもありますが、

夢を見にきた男性たちに現実の話題を出して、喜ぶ男性もいれば嫌がる男性もいるはずです。

2回目以降は深い話をしていきます。

お客様によってはどんどん話したい人もいるので

最低限必要なことは聞きますが、

初対面から全力で聞き出そうとしなくて良いと思います。

大事なのは会話を受け止めて広げていくこと、、かなぁ。




ねずみの国に遊びに行って

主要キャラクターやスタッフさんたちが

敬語だったら

笑顔がなかったら

プライベートの話をガツガツしてきたら

「ん?」違和感ですよね。






総じて、仲良くなろうとしたことで

『お客様を見る目が変わった』

『自分の行動が変わった』



かなり些細で初歩的な事です。

初歩ですが解ってる風になる恐れがある部分だと思います。



私もまだまだ正解ではありませんが

考えるきっかけになれば良いかと思います。


f:id:hana_este:20170706165847p:plain




hana