Hana’風俗エステ blog

性感エステセラピスト 現役講師hanaが思う、風俗で頑張る女性がキラキラ働く方法や、女性として生き方を更新していきます

お客様からの困った『言葉のDV』への対応

こんにちわ!

性感エステセラピスト

hanaです(*^^*)

 

 

 

 

タイトルどおり

「お客様からの言葉のDV」

セラピストさんが返答に困る言葉です。

 

 

例えば

「このお店、触れたらもっといいのになー」

「売れっ子なんでしょ?期待してもいいかなぁ」

「触っても良い?」

「お金出したらどこまで出来る?」

 

 

お客様のタイプとしては、

比較的風俗遊びに慣れていると勘違いして

交渉次第で過剰なサービスが出来ると思って来店されている

お客様に多い言葉。

 

ムキーッとなりたくなります

 

f:id:hana_este:20170801161043j:plain

 

 

でも、、、正しい遊び方を知らない男性の交渉は

「こんにちわ!」と同じくらいのジャブなので

びっくりしなくて大丈夫(*^^*)

男性って大人になっても週刊少年ジャンプを見てるし…

そのくらい遊びとなると少年心に戻りがち

そう思った方が絶対楽!

 

 

 

笑ってごまかしたり

お店を理由にしたり(お店のルールで…など)

セラピストが戸惑う態度を見せたら余計詰めてきます

「あ、この子交渉によってはいけるかも」と思われてしまう

 

※「ダメ」と強く言ってしまうのは

良い関係性を崩してしまうので

最終手段として残しておきましょ♪

 

 

 

 

 

不思議なことに

どこかしらに存在している

交渉OKする子にずっと通っていればいいのに

他の子(自分に)来ているんですよね

 

つまりは…

本当に求めているのはそこじゃない

 

そしてお客様もそれに気づいてない。

いろんな子と遊びたいという気持ちもありますが

根本に求めてるのは他にあるはず

 

 

 

 

風俗の楽しい遊び方を知らないで

いけない遊び方を覚えてしまった…

これからも女性に嫌な顔されて

遊んでゆくと思うとかわいそう。

 

 

 

そう思って更生してあげたら

意外とこのようなお客様って

支えてくれる末永いパートナーになりやすい(*^^*)

 

 

 

逆に言うと

交渉してくるお客様は

知らず知らずに嫌われがちなお客様なので

良い対応したら本指名としてきやすい

 

 

 

 

 

あしらわれたり

面倒だからと

お金の交渉で済まされて

淡々とプレイが終わってしまう

 

心がこもった接客を知らずに

「あのお客さん、NGで」と

みんなに嫌われていくなんて

ある意味かわいそうな男性なんです。

 

だからこそ

こちらが熱意を持って対応したら

お客様も嬉しそうに良いお客様として

返って来てくれる(*^^*)

 

 

 

 

いきなりは難しいかもしれませんが

意識してみると

お客様の見え方が変わってきますよ(^o^)

 

 

 

それでは(^^)

 

 

 

hana